避妊薬を長年使い続けてきたからこその説得力!私のアフターピル伝記

妊娠を防ぐ避妊薬

避妊の方法といえばコンドームが一般的だと思います。
日本で一番普及している避妊方法で、入手の簡単なため当然だと思います。しかしコンドームの避妊率というのは実はそんなに高くありません。正しく使えば避妊は確実となるものではありますが、逆に言えば使い方を間違えると避妊に失敗するものでもあるのです。

性行為中に外れたり破れてしまったり、穴が開いていたりしてしまっては付ける意味も無くなってしまいます。
また、男性依存の避妊方法であるため男性側に避妊の意志がない場合には避妊が困難となります。避妊に失敗した際に何も出来ないというのは怖い話です。
そんな時に使っていきたいのがアフターピルです。

アフターピルは性行為後の72時間以内に服用できれば高確率で避妊が行える避妊薬です。
薬の効果によってホルモンバランスを人工的に操作し、月経を起こすことで子宮内膜を剥がします。膣内射精したとしても受精し着床しなければ妊娠には至りません。そのためそれまでの期間に月経が起これば避妊が可能となっているのです。
しかしこの効果から分かる通り人工的に月経を起こすという身体に負担のかかる方法となっているので頻繁に使っていけるものではありません。あくまで緊急時の方法として知っておいたほうが良いです。
しかし、この方法を使う時に気になるのが入手方法です。
72時間以内で服用とありますし、薬の効果で更に高い確率の避妊を行うには可能な限り早い服用が求められます。
ですが基本的にクリニックではその状態になった場合にのみ処方を行っています。これだといざという時に間に合わないかもしれませんし、クリニックに行くのに抵抗のある人は中々足が進まないこともあるかと思います。そこで海外通販を使いましょう。

アイピルは海外医薬品のアフターピルです。
海外通販で販売されており、医師の処方無く薬の入手が可能です。効果もクリニックで処方されているものと同様のジェネリックであるため使用に変わりはありません。価格も安く済むため普段から持っておくためにも購入しておくと大変便利だと思います。
アイピルのような避妊薬による避妊は、日本ではあまり普及していませんが、女性側で行える避妊方法として非常に優秀です。
低用量ピルなどではコンドームよりも高い避妊率を誇り、確実性と自分の意志を尊重するためにも是非ご利用をオススメしたい避妊法となっています。
避妊薬は薬であるため正しい使い方を守らなければなりませんが、使っていくと生活を快適にしてくれる使い勝手のいいものです。その場になってからでは対処が遅れることもありますので、少なくとも物があることを知っておきいざという時に活用してみてください。